左脳が優位

左脳が優位な場合というのは、未来や過去に対する執着が強くなってしまいます。

過去の失敗や後悔、将来への不安や恐れなど。

老後のお金の心配や不安が強すぎることによって、今を楽しむことができないという人がいたら、左脳が働きすぎていて右脳とのバランスが取れていないのかもしれません。

右脳が優位

右脳が優位な場合というのは、今を最優先します。

なので、今が良ければいい、という思考になりがちです。

なので、今を楽しむことにお金を使いすぎて、将来のために貯金をすることができないというのは、右脳が優位で左脳とのバランスが取れていないのかもしれません。

左脳と右脳のバランスが取れると

左脳と右脳がバランス良くどちらも働いている状態というのが理想です。

そうすると、程よく今を楽しみにつつ、計画的に老後のためにも貯金をしていくことができるようになります。 

自分の周囲にこう言った人がいれば、その人は左脳と右脳のバランスが取れた状態です。