スリーエム 3M プライバシーフィルターエコノミーPF19EH2 ジェネリック 北欧風ベッド専門店/

スリーエム 3M プライバシーフィルターエコノミーPF19EH2                                                                                                                             ジェネリック 北欧風ベッド専門店/



城繁幸[2006]『若者はなぜ3年で辞めるのか:年功序列が奪う日本の未来』光文社が大ヒッ
トしています(注4)。本著では、日本の年功序列についてかなり本質的問題提起がなされ
80%以上の日本企業が、年功序列を止めて成果主義を導入している(注1)ことになっている
半端であるからです。さらに言えば、成果主義を導入したつもりの日本企業の人事部の位置

である』ということに尽きるわけです(注6)。まさに言いえて妙です。城氏の指摘は、す


3.成果主義を導入しても年功序列の亡霊が消えないのはなぜか

の体験に基づいて、丸山真男とまったく独立に、若くしてそのレベルに達したと筆者は評価
定着するには、日本人の遺伝子に西欧民主主義的価値観がエートスとして宿ることが条件と
日経BPと、上記、城氏の著作を読み比べると実におもしろいです。表向き民主主義国家を標
榜する米国社会の格差は、年功序列を古層にもつ日本社会の格差とはくらべものにならない
拭されるでしょう。ところが、成果主義の浸透した現在の米国社会をみればわかるように、

これはいったい何を意味するのでしょうか。筆者の見方では、年功序列も成果主義も人間
出口規制です。竜宮城に入るチャンスは民主主義にのっとって、比較的、機会均等ですが、
古層(封建性)が取り除かれても、日本に明るい未来 ハドソン Hudson Womens Jodi High Waist Flare with Raw Hem Jeans Rose Coupe 輸入品 HUDSON (ハドソン
ないでしょう。ま
実です(注10)。小泉政権を牛耳っていたジャパンハンドラーは、2005年の9.11郵政民営化
に誘導することに成功しました。当時、小泉支持に回った欲求不満の若者(B級と揶揄される
は結局、東大体制を逆に強化する結果をもたらしたのです(注7) RE雨宮 サイドステップ プロテクター FRP D0112030003 マツダ アクセラ MS
3M 北欧風ベッド専門店/ ジェネリック プライバシーフィルターエコノミーPF19EH2 スリーエム を葬り去ろ

いものは・・・』というせりふは、人類始まって以来、繰り返されているといいます。その意味
し出現しているわけです。40年後の城氏は、ホリエモンの2代目を抑圧する側に回っているか
注3:ベンチャー革命No.137「MOTと成果主義」2005年1月3日
注8:ベンチャー革命No.032「1940年体制からの決別」2002年12月22日

注9:ベンチャー革命No.096「日本の没落:森嶋道夫の遺言」2004年7月17日


21世紀も10年以上が過ぎ去った今、あの頃、つまり「来るべき21世紀に胸を躍らせた日々」とあまり変わりのない生活を送っています。少なくともSF小説にあったような宇宙旅行も時間旅行もできないし、巨大ロボットが実用化されたという話も頓と聞きません。強いて云うなら、インターネットという地球規模の情報網が張り巡らされ、情報へのアクセスの様態に大きな変化が生じたことは、あるいは21世紀的な事象なのかもしれません。
いや、インターネット的なテクノロジィは、数多のSF小説で読んだ話だし、携帯電話やロボットも如実に進歩を遂げています。少しずつながらきっと「21世紀=SF世界」という図式に向けて歩んでいるのだと思います。

誰しもこの言葉に漠然としたイメージを持っていると思いますが、厳密には何を指しているのでしょう。

日本では、かつてSFを「空想科学小説」などと呼んでいましたが、次第に“SF”という呼称が一般的になり、少なくとも現在に於いては小説に限定されるものでもなく、広い見方をするのであれば、アニメイション、映画、ゲイムといったジャンルにもSF作品と呼ばれるものが数多く存在します。ですので冒頭ではあえて「SF小説」としました。

一方、明確に“Science Fiction”という言葉を用い、文学的に、そして商業的に“SF”というジャンルを確立させたのは、ルクセンブルクより移民したユダヤ系アメリカ人のヒューゴー・ガーンズバックその人です。ガーンズバックは、これまで単純に「科学的な要素のある小説」として漠然と扱われてきたものを、ひとつのジャンルと自覚したのです。
先述したポオ、ヴェルヌ、ウェルズ、の書くようなタイプの小説、つまり科学的事実と予言的ヴィジョンを綯い交ぜにした魅力溢れるロマンスを“Scienti-Fiction”と呼称しました。

1926年にガーンズバックは、世界初のSF専門誌『アメージング・ストーリーズ』を創刊します。ここで、従来の“Scienti-Fiction”を“Science Fiction”に改め、本格的に「ジャンルとしてのSF」が確立されてゆくことになります。

SFの成り立ちについて長々と書き連ねてきましたが、つまるところ、SFの定義や起源は人によって考え方が異なるので厳密に線を引くのは不可能であるし、これを論じるのもまた楽しみのひとつであるといえます。但し、排他的にはならず、白熱した議論をしたいものです。

因みに、個人的には「すこしふしぎ」という感性が“センス・オブ・ワンダー(Sense of Wonder)”を刺激するし、とても馴染むのです *3 。:)

*3
簡単に補足しておけば、「すこしふしぎ」は藤子・F・不二雄がSFを定義した言葉、そして「センス・オブ・ワンダー」はSFをSFたらしめている根源、即ちSFの本質のようなもの。これらを語り出すとそれだけで本が一冊書けてしまうので、機会があればその際にまた言及したい。;)

[email protected]@!